薄毛に悩める40代に告ぐ【コンプレックスから卒業する方法】

ガッツポーズをする男性

中年以降の抜け毛対策

脱毛症

ホルモンバランスの変化

ある程度の年齢になれば誰でも多少髪の毛は薄くなりますが、若い世代で薄毛になるのは男性ホルモンの働きにより健康な髪の毛を育てられなくなることが主な要因です。40代位は微妙な年代ですが、老化により薄毛が起こるよりは、ホルモンバランスの崩れにより薄毛になる確率の方が高くなっています。ホルモンバランスの崩れは誰にでも容易に起こる現象であり、ストレス過多や夜型の生活、栄養バランスの悪化がそれを助長します。40代は体力の衰えも実感する頃であり、髪の毛だけでなく体全体に影響が現れることもありますので、日頃の生活を規則正しくしなければなりません。最近では専門のクリニックに行って治療を受ける人も増えていますので、40代位の世代なら尚更治療を早めに受ける人が多くなると予測されます。

それぞれの治療法の特徴

薄毛治療には様々な方法があります。一般的には内服薬と外用薬を併用することで早期の改善を目指します。内服薬には抜け毛を改善したり発毛を促す効果があり、半年程度は飲み続けなければなりません。外用薬として処方される塗るタイプの育毛剤は、毛乳頭に直接栄養成分を届けることで細胞の働きを活性化させます。塗るタイプは効果の出が早く、1〜2カ月後には実感できます。その他には、ハーグ療法が最新の毛髪再生治療として注目されています。このハーグ療法では、注射で成長因子が取り込まれた成分を直接注入することにより、強力に発毛を促すことができます。40代以降になると薄毛が年齢によるものと諦めてしまう人もいますが、適切な治療で髪の毛はよみがえります。