薄毛に悩める40代に告ぐ【コンプレックスから卒業する方法】

ガッツポーズをする男性

男性の抜け毛予防

鏡を見る男性

今から始められること

男性型脱毛症は思春期を過ぎてから発症する薄毛です。日本人男性は30代に入ったあたりから頭頂部や前頭部が薄くなっていく傾向があり、40代になるとさらに進行してひどくなります。男性型脱毛症は進行性の薄毛なので、早めに適切なケアをしていないと、40代になると抜け毛が増えて薄毛が拡大していきます。手始めにするといいのがスカルプシャンプーの使用です。スカルプシャンプーは頭皮用のシャンプーで、頭皮環境の改善・炎症の予防・皮脂分泌の抑止などの効果があります。男性ホルモンをコントロールする働きがあるスカルプシャンプーもあります。その次に使うといいのが育毛剤です。育毛剤には頭皮の血行を促進する働きがあり、毛根にしっかり栄養が浸透しやすくなります。

手軽に抜け毛対策

普段多忙なビジネスマンほど薄毛のケアまで手が回らないことが多く、そうすると気が付いたときに薄毛が拡大していることがあります。特に40代になると毎日の手入れ不足と、仕事のストレスや睡眠不足、日ごろの運動不足などが重なって薄毛が進行しやすくなります。40代になってから薄毛を改善したいなら、正しいヘアケアをすることや、食生活を改善をすることが大切です。ケアをする時間がないほど多忙な場合は、飲む育毛剤のプロペシアがお勧めです。プロペシアなら毎日一錠水と一緒に飲むだけで、男性型脱毛症の進行を抑止することができます。また、プロペシアだけに頼らず、良質なたんぱく質の入った食事を摂ることや、飲酒や喫煙を控えることも大切です。